離婚してからの冷却期間って?

自分が欲しい冷却期間

離婚後にご自身から復縁を希望しているときには、自分に必要な冷却期間はあまり必要ないかもしれませんね。

相手の気持ちの整理などに時間がかかると思っていて良いでしょう。お子さんがいて相手と合うことが良くあるという場合には、冷却期間と言っても関係が薄くなることもないでしょう。

ただし、相手に嫌われるようなことをして離婚したのなら、数年単位の冷却期間を持たなくてはいけません。

離婚した夫婦とお子さんぐらいの範囲では、復縁を希望しても大きな問題が出にくいです。そこにご自身や相手の親が関わってくると難しさが出てきます。

離婚した原因でも、そのように復縁の医師を伝えたらいいのかは変わりますね。

自分でほしい冷却期間中には、何が原因で離婚に至ったのか、そして何の改善をするのかを考えるには必要な期間となるでしょう。

現時点で連絡が摂れているかでも期間の長さが変わります。

相手が必要な冷却期間~

離婚後に相手が必要とする冷却期間も個別のケースで異なりますが、離婚理由が深刻であるほど長引くと思って構わないでしょう。

一般的には3~10年間の冷却期間がかかるものと思って下さい。相手の性格でも、1つのことに執着するタイプでは、離婚に関して根に持つということはありますよね。

お子さんを介して定期的な面会があれば、お互いに歩み寄りやすくなります。もしも、全く連絡が取れない状態であれば、連絡が気軽に取れるところまで時間がかかりますね。

この冷却期間に、ご自身から未練を見せることになれば話が進まないので、それは隠しておいたほうがいいです。逆に相手からの未練が見えるようになると、冷却期間も短くなっていくでしょう。

ご自身に原因があるときと相手に原因があるときでは、状況が異なります。落ち度があれば、許してもらうための期間は必ず必要異なりますので長めの冷却期間も見ておく必要性が出てきますね。

絶対に復縁を成功させたいなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ