メールで連絡を取ってみる

アドレスが分かるのなら

元旦那と復縁の話をしようと思っても、いきなり電話をするのは気が引けるということなら、先にメールを送ってみるという方法があります。

相手の都合に合わせて時間を考えなくてもいいですし、電話よりも重たい印象にはなりません。

離婚してから期間があいていると思いますので、「復縁したい」と切り出すのではなく、最近の様子を聞くところから始めた方が良いですね。

しばらくは世間話のようなやり取りをしていくと、元旦那がどういう感情を持っているのかもわかってきます。アドレスがわかっているのなら、メールから始めてみましょう。

元旦那から返信が来て、さらに返信するタイミングも考えていくと良いですね。

間髪入れずに返信をするようだと、回数も多くなって、しつこい感じになります。復縁の希望も、そういった行動から見えるようになりますので、元旦那が警戒するかもしれませんよ。

急に前のような関係に戻れるとは思わない方が良いですね。

受信拒否になっていると

元旦那のアドレスはわかっているけれど、受信拒否になっていると、全く連絡が取れなくなりますね。

受信拒否をしていても、こちらには、そういう表示がされないものですので、ただ返信が来ないなと言う印象しかないでしょう。

メールを送信しても、中々返信が来ないなと思ったら、もう一度送って様子を見てから、別の方法で連絡が取れるように考えてみましょう。

お住まいのエリアが近いとか、共通の友人がいるなど他の連絡方法があると思います。

元旦那の住所がわかっていても、急な訪問をしても失礼ですので、家に行く方法は最後にとっておいた方が良いですね。

確かに、その周辺まで行ってウロウロしてはストーカー扱いをされかねませんので、そういった点には注意をしてください。

どういった別れ方だったのかにもよりますが、元旦那があまりいい感情を持っていないと気持ちのすれ違いも出ますね。

絶対に復縁を成功させたいなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ