相手の気持が変わってきたら

お誘いを受けても、直ぐに乗らない

アピールをしていくと元旦那の気持ちにも変化が出てくると思います。復縁に前向きになったり、もしくは、その逆の場合もあるでしょう。

もしも復縁に対して前向きな気持ちが見え始めて、デートなどのお誘いを受けても、直ぐに乗らないという方法があります。

軽い感じで誘いに乗ると、扱いが簡単だと思われたりして、後で大変だということもあるからです。

元旦那が考えるほど、簡単なものではないことも知ってもらった方が良いですね。

元旦那よりも、こちらの方が復縁の気持ちが強いとしても、こういった方法を挟んでいくのは有効だと思います。

「やっぱり復縁したいんだろうな」と思われては、元旦那が優位な状況になってしまいますよ。

台頭でなくては、これからの生活にも支障が出ると思っていて良いでしょう。長く一緒にいるには力関係が偏らないのも大事なことですよ。

気になる感じの断り方

お誘いを受けても直ぐに乗らないという作戦を使うにしても、簡単に断らない方が良いですね。

元旦那が「どうして断られたのか?」と気になって考えるようなお断りの仕方をした方が、あなたのことを考えさせるのには良いと思いませんか?

ただ単純に断るよりは、「ちょっと人に会う用事があって…」「その日はね…ちょっと…」という含みのある断り方をすることで、誰と会うのか、何の用事があるのかと考えさせるきっかけにはなりますね。

気にかけてもらうことも復縁をするプロセスの中では重要です。

あまり強く男の影を感じるような作戦にすると、元旦那は復縁の可能性はないと判断することもありますから、上手に断ることが必要です。

元旦那との復縁をするときにも、恋愛テクニックを駆使しながら、新しい関係を作っていくようにしましょう。

復縁とか再婚と思っていると手抜きになることもあるので気分を一新して、初めて結婚するような気持ちでいるのもお互いに大事になりますよね。

絶対に復縁を成功させたいなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ