本当に覚悟があるのか?

復縁するだけの覚悟があるか

ほとんどの方は、結婚生活を続けていくことが出来ずに離婚をしていると思います。

その後になって気持ちが残っているとか気持ちが変わってといって復縁をするのも大変なことです。

復縁をするということ自体も、説得しなければいけない人がたくさんいますし、復縁をしても以前の問題が解決されないと生活を続けるのは難しいでしょう。

しかも、問題の改善がなく無理に生活をしていけないと、また離婚を考えることにもなります。

結局、周囲からは「復縁しなければ良かったのに」と思われてしまうのは想像しやすいですね。

中には、「また離婚するのは世間体も悪くて出来ない」と我慢をする方もいるでしょうが、それも苦痛になりますよね。

何かの問題が起こったときには、最初の結婚の時のような対処が出来なくなるという覚悟をしてから、考えたほうが良いのではないでしょうか?

気持ちだけ先走って、軽率な行動が取れないのも元旦那との復縁をするときにありがちなのです。

バツ2にならないには?

元旦那と復縁をしても、結果的にバツ2として生活することになったという人は少なくありません。これは何が原因になっているのでしょうか?

以前に離婚したときの原因をしっかりと把握しないで、その改善をしないまま復縁をしている場合が多いですね。同じ失敗を繰り返したということになるでしょう。

お互いに納得して、今度こそは大丈夫と思っているのでしょうが、客観的に見ることが出来ないパターンが多いです。

気持ちの面は大切なことですが、社会の中で生きていきますから、周囲との兼ね合いは無視出来ないことですね。

離婚をするのは精神的にもかなり大変なことなので、その後に元旦那と復縁しようとしても、親を説得する事でさえ難しいと思っていて良いでしょう。

お子さんがいらっしゃるなら、苗字が変わるなど辛い思いをしていますから、「また?」と思って不安感は出るものですよ。

そういったことを解決できるように総合的に考えたほうが良いでしょう。

絶対に復縁を成功させたいなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ