今までどおりだと思わない

離婚した後だということを自覚しましょう

離婚した夫婦の場合、復縁をするときにも以前の関係性が続いていると勘違いすることがあります。

結婚していた時のように元旦那に接するのは良くありませんね。「女房面をされた」と、あまり良い印象が残らないからなのです。

一度、信頼関係も途切れていますので、新たな気持ちで接するようにしてください。

例えば、元旦那の方が復縁をしたいと考えていて、あなたにアプローチしたとしましょう。離婚をしているのに結婚していた時のような接し方をして来たら、どう思うでしょうか?

立場を逆にして考えてみると、意外にも不愉快だということがわかります。

馴れ馴れしい接し方を避けて、節度ある距離感を保っているのもマナーだと思って構いませんね。

少し余所よそしいくらいが、元旦那も安心して会える理由になっていくのではないでしょうか?作戦の1つと考えても良いですね。

前と同じように接しないこと

元旦那と復縁の話をするとき、注意していただきたいのは呼び方です。結婚していた時には、どんな呼び方をしていても良いのですが、それを離婚後にも使うのはオススメ出来ません。

離婚をしても気持ちがあって復縁したいと考えていますので、親しみを込めて同じ呼び方にするのでしょうが、元旦那も周囲の人から見ても違和感が出てしまいますよ。

元夫婦であって、現在進行形ではないことを自覚しましょう。

礼節のしっかりしている女性は、誰の目から見ても良い印象になります。復縁をしても周囲から変な目で見られることはありませんよね。

前と同じように接していては、何の意味がある離婚をしたんだろう?と疑問視されてもしかたがないのです。

人のことに踏み込んでくる人もあまりいないでしょうが、あまり砕けた呼び方ではなく、ちょっと他人行儀かなと思う程度にしておくのが理想的ですね。

大人の女性としての対応が出来る心構えを持ちましょう。

絶対に復縁を成功させたいなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ