フェイスブックでの繋がりがあれば

本人と繋がりがあれば

フェイスブックも便利なツールとして使えます。離婚した後も、そのまま元旦那とのつながりを持っている人がいるのではないでしょうか?

一度、つながりがなくなってから新規で友達登録をするのは難しいこともありますので、離婚してもこういった手段は残しておいた方がいいですよ。

相手の近況などもわかりますので、元旦那と復縁をしたいとき、相手に彼女が出来ているかと言うことも探れる状態ですね。

あまり良い表現ではありませんが、知っておいた方が良い情報でしょう。

フェイスブックもパソコンだけではなくスマホで使えるツールなので、元旦那の身近な情報が分かりやすくなっています。

もし、離婚のタイミングで元旦那からアクセスの禁止をされると、使えなくなりますが、手軽な連絡手段ではありますね。

一緒に生活をしていないので何かと生活状況が変わっている元旦那を理解しやすいですよ。

直接、繋がりがなければ

フェイスブックを使っていても、元旦那とのつながりが途切れている場合には、共通の友人に手伝ってもらうのもオススメの方法ですね。

経由することで、元旦那との連絡手段を復活させられる可能性もあります。

様子を探ってもらってから、問題がなければ、フェイスブックでのつながりを復活することが可能です。

SNSを利用する場合、簡単に連絡が取れない状態に出来ますので、元旦那とのやり取りは慎重にした方が良いですよ。

悪い印象を持たれたり、面倒臭いと感じることがあれば、電話よりも簡単に連絡が取れなくなります。

手軽に利用できる手段ではありますが、少し確実性が下がると思って構わないですね。年齢層によっては、あまり使用していないかもしれません。

フェイスブックの情報から、「○日に○○に行っていたでしょ」というような発言があると、元旦那もあまり良い気分ではないので、接し方には注意しましょう。

現在は「妻」ではないことを踏まえて対応しなくてはいけませんよ。

絶対に復縁を成功させたいなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ