電話をかけて見る方法も

電話をする内容って?

元旦那の電話番号がわかっていて、着信拒否になっていなければ、電話で連絡を取ってみる方法もありますね。

急に思い立って電話をすると、とりとめのない内容になってしまいますし、必要なことが話せないでしょう。

確かに最初から、復縁をしたいと話す必要はありませんし、むしろ言わなくていいことですね。なにげない日常会話や近況の話をしておくと良いでしょう。

女性の方が勘が良いので、元旦那と電話で話しても、迷惑なのかどうかを察知するのは得意ですね。

面と向かって話しているのではありませんので声のトーンなどから様子を見て話をし、切り上げることも考えた方が良いでしょう。

離婚した原因によっては直接電話では話しにくいこともありますので、その場合は電話以外の方法でしばらく連絡を取っておく期間も必要でしょう。

話してみて、何か印象の違うところがあれば次回までの間を空ける工夫も必要です。

電話のタイミングとして

電話を掛けるタイミングも考えてみましょう。今は、携帯でいつでも連絡が取れますが、復縁の話をするときは外出していないころを見計らったほうがいいですね。

また、離婚してから、すぐ連絡を取るというよりは、冷却期間をおいて双方ともに冷静な状態の方が良いでしょう。

こちらのタイミングでというよりは、元旦那に合わせるようにしてください。

かなり期間がたっていて、相手の都合がわからないこともありますので、以前はこの時間帯には帰宅していただろうというタイミングで電話をしてみるのも良いでしょう。

相手の都合がわからない状態で電話をするパターンは多くなりますので、話をしても構わないか先に確認をして話を続けましょう。

もし、都合が悪いようならかけ直すか、連絡をもらうようにするといいだけなので、一度の電話で食い下がるようなことはしないでください。

かける回数も多すぎるとストーカーのような印象になってしまいますよ。

絶対に復縁を成功させたいなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ