アピールして放置してみる

こちらからアピールしても

元旦那と復縁するとき、こちらから何かのアピールをしていきますよね。中々、反応が返ってこないときには、敢えて放っておくという手段もあります。

あまり熱烈にアピールをしてもストーカーのような印象をもたれては復縁の話も進みません。

気持ち的に焦る部分があっても、しばらく連絡をしないとか、電話やメールでも反応しないという期間があった方が良いこともあります。

常にこちらから連絡をしていては、復縁をするにも、こちらが「大幅に条件を飲んで当たり前。復縁してやるんだ。」と思われてしまいますよ。

復縁をしても、そういう風に思われると一緒に生活をしていくのもツライですね。

復縁までのお付き合いの期間を設けるにしても、イーブンな力関係でいようと思ったら、あまり卑屈な対応もしない方が良いものです。放っておくことで、そういった面の問題がクリアできますね。

じらしすぎない冷却期間

冷却期間の使い方も考えた方が良いでしょう。もし、元旦那にも復縁に乗り気な部分があったとしても、一定の冷却期間があることで、あなたの存在を再認識させることができます。

すぐに元通りになってしまうと、何でも自分の思い通りに動くと、あなたの存在が軽んじられることもあるので、元旦那のわがまま通りには行かないと思わせるのも大事なことでしょう。

元旦那との復縁を考えている女性の中には、自分が我慢すれば元に戻ると考えて、その後にツライ生活を強いられていくケースもあります。

れは長く続けられることではありませんね。復縁しても幸せに生活できるように、ご自分の立場を落とさないことも考えていきましょう。

駆け引きをするのは苦手かもしれませんが、再離婚にならないのには欠かせないプロセスだと思っていて良いでしょう。

あまり、じらしてしまっても元旦那の気持ちが覚めることはありますので、相手の性格を考えながら実行してみてください。

絶対に復縁を成功させたいなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ