上手に諦める方法って?

気持ちがあるのに諦められる?

元旦那との復縁がうまくいかなかったときは、諦めなくてはいけない結果になりますね。

気持ちが残っているのに諦めるというのは、離婚した時よりも辛く感じるかもしれません。

ただ気持ちを切り替えるのは、離婚直後よりはしやすいかもしれませんよ。恋愛でも振られた時には、しばらくの間、悲しいとか寂しいという気持ちが続きますよね。

復縁となると少し感覚が違いますが、失恋をした時のように考え方を変えていくのも1つの方法です。

自分には気持ちがあるのに、応じてくれない元旦那にはムッとする気持ちが出てくるでしょうが、それは表に出さないのも大人の女性のたしなみなのではないでしょうか。

恨み言の1つも言いたくはなりますが、それを言ってしまえば元旦那に「やっぱり復縁しなくてよかった」と言い返されるだけのことですね。思っているほど簡単にはいかないこともあるのです。

どんな方法で考えるといいか?

復縁が出来なかったときに、恋愛の時のようにはスパッと気持ちが切り替わらないかもしれません。

お付き合いをしているだけとしても、一度分かれてまた付き合って別れたという状態になっているのと同じなのではないかと思います。

ご自分には近い存在の男性として元旦那がいますので、思い通りにならないのは悔しい気分でもあります。

周囲の人は、新しい出会いがあるよといって簡単にアドバイスをしますが、当人としてはそんな問題でもありませんね。

時間がかかって心の傷が癒されていきますので、無理に忘れようとしなくても良いのではないかと思います。

出来れば、こういった諦め方を考えなくていいように復縁の話がうまくいくといいのですが、最悪、こういったケースもあるというのは踏まえておいてください。

復縁の話がうまくいかなかったときのつらい気持ちは本人にしかわからないことですので、その時に応じた解決方法が必要になっていくでしょう。

絶対に復縁を成功させたいなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ