相手の家に行ってみる?

住所を知ってれば

元旦那の住所を知っていれば、相手の家に行ってみるという方法もあります。

ただし、これは最終手段だと思っていた方が良いですね。他の連絡手段が使えないときだけと考えてください。

やはり、離婚した相手が、いきなり訪問してくるというのは良い気分ではありません。何をしに来たのかが分かりませんし、部屋に招き入れるのは抵抗感があると思います。

電話など一切の連絡手段を絶っていたのなら、なおのこと元妻の訪問に驚くでしょう。

以前、一緒に住んでいた場所なら、何か持っていくのを忘れたものがあるとか言い訳の仕様がありますので、そういった状況も考えてから訪問するようにしましょう。

本人同士で気まずいときには友人に一緒にいてもらうだけでも、違和感なく訪問できる場合がありますね。お

子さんのいらっしゃる夫婦なら、お子さんが助けになりますよ。ケースバイケースで印象が異なる手段ですね。

転居してしまっていたら

元旦那が転居してしまっているのなら、家に行ってみるという方法は難しいですね。

仮に転居先がわかっても、いきなり行くのは気分を害される可能性が高いです。どうして住所がわかったのかと聞かれることもあるでしょう。

転居している場合は、元旦那から転居のお知らせを受けていれば、訪問しても大丈夫です。そうではない場合、電話やメールでの連絡を取り合ってから家に行くかどうかを検討しましょう。

比較的、近いエリアでしたら元旦那の気持ちにも負担がありませんね。

泊りがけで行くような場所なら、元旦那も気を使いますし、重荷に感じることがあるのは理解しておきましょう。

出来るだけ「ついでがあって来た」という感じにした方が、今後も会いやすくなりますよ。家に行くと、「このまま住みつかれる」と危機感を感じる男性がいるようなので配慮をしたほうがいいですよ。

離婚をすると元旦那の考え方が変わっていたり、接するのが難しい部分は出てきてしまいますね。

絶対に復縁を成功させたいなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ